医療従事者の転職の理由や状況、考え方などお伝えいたします

医療従事者の転職活動

どのような特徴が医療従事者の転職活動にはあるのでしょうか。
うつ病などの心の病に罹るケースが、医療に関わる人だけではなく職場での精神的なストレスが原因で急に増えてきています。
加えて心の病による自殺者の数や労災認定者数も増えているといわれています。
業種別にみると、製造業、卸売、小売業、建設業が上位を占めており、本来病む患者を癒す職業である医療従事者が心の病になる割合も上位に及ぶ勢いにあります。
医療従事者自身のメンタルヘルスについては、表面化されることが少なく対策も進んでいないといえます。
それは医師不足はもちろん、全体的なマンパワー不足の問題に隠れてしまっているからです。
医療関係の業種は他の業種と比べて求人件数が多く、医療の資格を活かそうと思えば、転職はしやすいとえるでしょう。
転職活動さえ上手く進めば、環境も変わり心の病や不調を乗り越えられる可能性も高いと考えられます。
しかし選択肢が多いからといって、医療関係の転職活動を安易に進めるのは厳禁。
例えば現職場と次期職場が意外なところで繋がっていることもあります。
ガラリと専門分野や業務内容を変化させて、やっと今の職場環境を断ち切って転職したとたんに、次の職場でも同じだったという失敗談はよく耳にする話です。
職場環境を改善するために、医療従事者が転職活動を行うのなら特に気をつけるべき点ではないでしょうか。
転職活動を通して、どんな職場環境が自分にとって適しているか、もう一度検討するとともに、医療従事者として心の病の再発を予防していくことは責任でもあるといえるでしょう。
<転職・就職求人等情報>