転職の理由や志望動機、面接で気をつけることなど転職に関するあらゆる情報を子お伝えいたします

転職のとき面接で聞かれることなど

転職活動では面接が重要になってくることはいうまでもありません。
最近は大手の場合2次面接、時には3次面接まであります。
その場合の多くが、1次面接では業務のチームリーダーが面接、2次面接で部課長レベル、
そして3次面接で役員クラスが出てくるという傾向にあります。

聞かれることもさまざまですが、各面接で共通していることやそうでないものがあります。
共通して聞かれるのが、経歴ですね。
今までの経歴は、1次面接〜3次面接と共通して聞かれます。
この経歴をスムーズに言えかいえないかが大きな鍵でもあり、いえないようだと、採用されるのは難しいでしょう。

企業は、自分の経歴すらスムーズに言えないような人をほしいとは思ってくれません。
また、各面接でとくに重要視されるのが、1次面接ではスキル的な部分、2次面接では志望動機、3次面接では将来の展望といったところです。
特に転職の面接には、これらを全てスムーズに説明できるようにして望みましょう。

あとこれおすすめですが、声に出して面接の練習をするといいです。
本番でもスムーズに話せるようになるものですよ。
<転職・就職求人等情報>