転職の理由や志望動機、面接で気をつけることなど転職に関するあらゆる情報を子お伝えいたします

自分が成長できる転職先を見極めよ

転職では、あなたが入ろうとしている企業や候補である企業の将来性を見極める目を持つことが大切だと、他の記事でもお伝えいたしました。

ここでは、あなた自身ができる企業を見極めるコツといったことをお伝えいたします。
転職するなら、自分が成長できる会社で働きたいと思う方が多いと思います。
転職のきっかけとして、自己成長が止まってきたと感じるケースも多いです。
だから常に自分が成長できるような要素を持った会社であれば、転職など考えずに済む場合もありますね。(もちろん転職は他の理由もありますが…)
では、自分が成長するためには、どんな要素が必要なのでしょうか?

まず、成長している業界であるということがいえます。
成長している業界には、ビジネスのチャンスがたくさんあります。
新規事業を立ち上げたり、子会社を作ったりプロジェクトやチームをまかされる可能性も高くなります。
IT業界や人材業界はここ10年、成長業界だと思います。
そこで働く多くの人がチャンスを得て、責任のある立場について活躍している傾向がありますね。

成長している会社では、常に人が足りないという状況です。
こういう企業では通常、15年で管理職になるところを、早ければ、2、3年、長くても5年ほどで管理職になるチャンスがあります。
会社が伸びていなければ、昇進するまでに時間がかかります。

あとは、組織の勝利を優先し、個人のスキルは組織を勝利させるために使うといった考え方の企業は伸びると思います。
この認識が企業で徹底されていて、組織が勝利するために各人が自覚しやるべきミッションを自分で決めることが出来るのが理想です。

ちなみに人を駒のようにしか見ていない管理職や経営者の企業は、体質的に従業員のほうが受け付けない結果となるので、離職率も高いと思われます。

可能であれば、面接のときもなるべく落ち着いて、面接官の態度や社内のあらゆるもの、そしてこれは難しいかも知れませんが、職場の風景、雰囲気などを意識することを心がけましょう。
<転職・就職求人等情報>